レーザー脱毛の痛みについて<光脱毛より痛い?>

MENU

レーザー脱毛の痛みについて<光脱毛より痛い?>

レーザー脱毛の特徴として、エステサロンの光脱毛と比較して痛みが激しいことがあります。
痛みがあると聞いて不安になっている人も多いでしょう。
痛みがどんなものかがわからないために踏み出せないという人もいるはずです。

 

脱毛の施術が他のフェイシャルや痩身などの施術と大きく違うのは痛みを伴うことです。
昔から痛みを伴う施術として知られていますので、脱毛と聞くと反射的に痛みを連想する人がいるようです。

 

現在の主流である光脱毛やレーザー脱毛という光を利用した脱毛方法が出てくるまでは、
針脱毛、ニードル脱毛という脱毛方法が行われていました。
針を毛穴に挿入して電気を流すことで脱毛を行うのですが、電気を流すことでかなり激しい痛みがあります。
これがネックとなって脱毛を断念する人も多くいました。

 

このニードル脱毛と比較すると光脱毛は痛みも穏やかです。
ほとんど痛みがないといわれています。
しかし、同じ光を使う脱毛でもレーザー脱毛は出力が高いので、
エステサロンや脱毛サロンで使っている脱毛機とは違います。
そのため、光脱毛よりは痛みを感じることが多いので、レーザー脱毛は痛いと思われています。

 

出力も高く威力があることから、レーザー脱毛は脱毛効果が高いのです。
永久脱毛ができるといわれるのもそのためです。
痛みがあるといってもニードル脱毛のような激しい痛みではありませんので、
安心して受けられる範囲ですよ。

 

ただし、脱毛を行う部位によってはかなり激しい痛みを感じることがあります。
両ワキなどもやわらかな皮膚の部位なので、かなりの痛みを感じる人もいるかもしれません。
腕や脚などは特に問題はないでしょう。
しかし、VIOラインなどのデリケートゾーンは、とてもレーザー脱毛は耐えられないという人もたくさんいます。

 

ただ、レーザー脱毛を行っているのは美容皮膚科などのクリニックですので、
クリニックによってはお願いすれば麻酔を使用して脱毛を行うこともあります。

 

麻酔を使えば痛みが激しい部位でもまったく問題ないでしょう。